生命保険 比較 > 貯蓄型か掛け捨て保険か?

貯蓄型か掛け捨て保険か?

保険には貯蓄型と掛け捨て型の2つがあります。
一般に掛け捨て型の保険は損と思われがちですが、この2つは互いにメリットもあればデメリットもあり、一長一短です。
どちらが自分にとって良いのかをメリット・デメリットを比較しておきましょう。

掛け捨て型生命保険

掛け捨て型の保険は、その名のとおり、掛け金が返還されない保険で、
満期や解約の際に返戻金が支払われません。
つまり物を消費するのと同様、支払ったお金は帰ってくることがありません。

そのため、掛け捨て型の生命保険は「もったいない」と思われる事も多く敬遠されることもありますが、小さな掛け金で大きな保障が得られるメリットもあります。

貯蓄型生命保険


一方、貯蓄型の生命保険は、満期や解約の際に返戻金があるため、貯蓄がわりにすることができます。

しかし、多額の掛け金の割には保障の額は掛け捨てに比べて低く、また生命保険会社が破たんした際に、これまで貯蓄として考えていた保険料を失うリスクもあります。

また、金利も低いため長期の預金に比べて資産の増加は望めないため、あくまで保険と割り切り、貯蓄と同じとは考えない方が良いでしょう。

 

人気の 生命保険 無料相談一覧

生命保険選びや見直しはプロに任せましょう!
中立な立場で、複数社の生命保険からあなたにぴったりの保険を
ご提案してくれる無料の保険相談をご体験下さい。